せっかくの温泉ツアーなら秘湯に行きたい

Contents

温泉に行くときのツアーで純粋なお湯に入れる所

100パーセント果汁のジュースといいますと、果物を搾ったものから作られるジュースのように思うでしょう。ショップなどにおいては、目の前でジューサーなどにかけてくれることもあるのでそれがわかります。しかし、一般的に缶や瓶で売られているものに関してはそうでないことがあります。濃縮還元と呼ばれるものになると、一旦水分を飛ばして、その後に水を足して、100パーセントの状態にするそうです。少し複雑な思いをします。

温泉に行くとき、想像するところとしては、湧き出ているお湯に入るものと思っているでしょう。湧きたての新鮮なお湯です。もしそういったお湯を好むのであれば、ツアーを選ぶ時もそういった所でないといけません。実を言いますと、純粋なお湯でないこともあるのです。非常に高温の場合があります。そんな状態で湧きたてのものが出てきたらやけどをしてしまいます。あるところでは加水をしてぬるめますし、時間をおいてぬるめることもあります。

また、効能などがあるところにおいて、効能が強すぎる、刺激が強すぎる場合があります。それで人体に影響があるのであっては、せっかくの成分が勿体ありません。そこで薄めることによって、入ることができるようになるのです。純粋なお湯においては、源泉かけ流しと書かれているところになります。その施設内で湧いているものをそのまま使っているのです。お湯に関しても酸化をすることがあるので、かけ流しかどうかは大事なポイントです。